• ホーム
  • > 令和元年度「沖縄型産業中核人材育成事業」

令和元年度「沖縄型産業中核人材育成事業」

令和元年度 沖縄型産業中核人材育成事業

沖縄織物産業の新たなモノづくりとマーケティング人材育成プログラム

研修生募集について

1. 事業の概要

(1) 事業概要

 本プログラムは内閣府からの委託を受け、沖縄の織物産地の中でも「絵図かすり」や分業制が行われ生産量が多い琉球絣事業協同組合が事業主体となり、産地内の生産者や外部の専門家、再委託先であるゆいまーる沖縄(株)と協力し人材育成カリキュラム開発、運営を行います。沖縄の織物産業は、統計調査開始後のピーク時と比較して生産額、従事者数ともに大きく減少しており、生産者も、これまでのように同じデザインの製品を作り続けるだけでは運営が厳しくなっています。そして、流通構造も変化してきている事から、生産者の役割も「生産」だけでなく、自ら営業活動や PR 活動も行う必要になってきています。さらに沖縄の織物生産の特徴として、そのほとんどが手作業のため、生産性が低いという特性があります。今回の事業では、織物生産者のデザイン力、それを製品化にあたって活用するくくりといった技術の修得を目指します。そして、ブランド力向上による付加価値の向上、さらに計数管理をベースとし経営の高度化・基盤強化、生産性向上といった項目を実現させるためのカリキュラム開発と研修を実施し、市場のニーズを把握した新しいモノづくりと、マーケティング力を身につけ、産地を牽引する人材育成を実施します。

(2) 目指すべき人材像
  • ① 消費者ニーズを取り入れたデザイン力をもった人材、沖縄の織物でデザインを表現できる技術力
    を有する人材
  • ② 流通の多角化を見据えた製品開発、情報発信、営業活動を実施できる、もしくはこれらを実現できるネットワークを構築できるマーケティング思考を持った人材
  • ③ 計数管理をベースとし、事業計画、製品計画、生産計画と実行を通じて経営の高度化・基盤強
    化を実現できる人材

2. 研修内容

(1) 研修プログラムの概要

① 研修ジャンルと回数、時間について
研修プログラムは、「デザイン・技術研修」、「マーケティング力強化研修」、「経営の高度化・基盤強化研修」から構成され、それぞれ以下の回数、時間で研修を実施します。

ジャンル 1回当
研修時間
回 数 研修時間
デザイン技術研修 3時間 12回 39時間
マーケティング力強化研修 3時間 8回 + 実地研修2泊3日
(約8時間×3日=24時間)
(成果展計画準備+8時間)
56時間
経営の高度化・基盤強化研修 3時間 5回 15時間
合 計 - 22回 + 2泊3日 110時間

② 研修場所
琉球絣事業協同組合 かすり会館 2階
〒901-1112 沖縄県南風原町字本部157番地

③ 研修期間
令和元年9月1日 〜 令和2年2月29日

④ 研修日と時間
・研修日:平日開催
・時間: 9:00〜18:00の時間帯で、1回当3時間実施します。
*日程詳細は、別紙1「スケジュール表」 をご覧下さい。

⑤ 修了証の交付について
研修終了後、修了要件を充たす方には、内閣府より担当大臣名の修了証が交付されます。
(修了要件は全カリキュラムへの出席の他、研修の習熟度等、実行委員会により規定します。)

(2) デザイン・技術研修

 昨年度に習得した「くくりの技法」に続き今回は新たな「捺染の技法」の技術を習得しさらに色彩の組合せや色のトーンやグラデーションカラ-を学ぶ。講師の指導と、技術のチェックも受け、自分自身の技術の復習をしながら技術向上目指します。

研修項目 織色についての講話
研修時間 3時間 × 1回 = 3時間
講 師 沖縄県立芸術大学准教授 花城 美弥子
主な研修内容
  • ・ 市場・消費者ニーズに対応できるように織色について学ぶ
  • ・ 色の基本的な考えとして色彩や色のトーンやグラデーションを学ぶ
  • ・ 講話120分、実際の着尺や色見本をみてワークショップ60分
研修項目 着物や帯の柄の配置の仕方の講話
研修時間 3時間 × 1回 = 3時間
講 師 沖縄県立芸術大学 屋比久珠代 氏
主な研修内容

市場・消費者ニーズを取り入れた着物や帯の柄(絵羽模様ととび柄)の配置の仕方

  • ・ 琉球絣の伝統的な柄を活かしながら、着物に仕立て上がった時の柄の配置等の指導。
  • ・ 講話120分、ワークショップ60分(講師に着物と帯を持参してもらい実際に指導、質疑応答含む)
研修項目 デザイン技術講習
研修時間 3時間 × 8回 = 24時間
講 師 野原俊雄氏、赤嶺忠氏
主な研修内容

捺染技術の習得

  • ・ 絵図作成(3回)、捺染(3回)、経糸柄ずらし(1回)、糊付け(1回)期間9月~12月
  • ・ 捺染技術を講師に評価してもらう
  • ・ 教材費お糸については各自負担する
回 数 研修内容
第1回目
デザイン作成
  • ・ 経糸緯糸の組合せで図案を起こす
  • ・ 縫い代が同じ間隔で配置するよう図案を起こす
第2回目
図案作成
  • ・ 柄の玉数の大柄、小柄におおじた柄の大きさを決める
第3回目
絵図作成
  • ・ 緯糸種糸とり
  • ・ 絵図台にデザインして柄をおいて綿糸写し書きする
第4回目
染色
  • ・ 経糸と緯糸の分量を計算して染める
  • ・ 手順にあった染色の仕方
第5回目
糊付け
  • ・ 経糸の糊付け張り伸ばしの作業
第6回目
経糸捺染
  • ・ 定規に従って印付けをして摺り込み捺染をする
第7回目
経糸柄ずらし
  • ・ 経絣を図案に沿った位置に戻す作業
第8回目
緯糸の捺染
  • ・ 緯糸の張り方を一定にする
  • ・ 種糸の印付けをする
第9回目
緯糸の捺染
  • ・ 種糸に沿って正確に摺り込み捺染する
研修項目 染色講習、実技
研修時間 6時間 × 1回 = 6時間
講 師 沖縄県立芸術大学准教授 花城 美弥子氏
主な研修内容

経糸の染色

  • ・ 産地で使用している染料でグラデーションの色見本を作る
  • ・ 混色の色見本を作る
  • ・ 織り見本帳を作る
  • 講習360分、(休憩、質疑応答含む)
研修項目 染色実技
研修時間 3時間 × 1回 = 3時間
講 師 野原俊雄氏、赤嶺忠氏
主な研修内容

染色実践

  • ・ 機械染めによる実践(染料の配合、助剤の配合、温度調整)
  • ・ 鍋染めによる実践(染料の配合、助剤の配合、温度調整)
  • 実践180分(休憩、質疑応答含む)
(3) マーケティング力強化研修

 今後、流通の多角化を見据えた製品開発、情報発信、営業活動を実施できる、もしくはこられを実現できるネットワークを構築できるマーケティング思考を持った人材が必要です。その人材を育成するためのカリキュラムとして、まず市場環境やニーズといった外部環境がどうなっているのかを知り、その上でどう商品を売り込んでいくのか、店舗やエンドユーザーとのコミュニケーションのとり方を学ぶ事が重要です。

 そのためのプログラムを知識の取得、実地研修、具体的な行動と組み合わせて実施します。

研修項目 ブランド構築について
研修時間 3時間 × 5回 = 15時間
講 師
  • ・ 1回目:全国染織産地の現状について 徳山大学 経済学部教授 大田康博
  • ・ 2回目:京ごふく二十八 代表取締役 原巨樹氏
  • ・ 3回目:大城廣四郎織物工房 代表 大城一夫氏、南風原文化センター平良次子氏実践180分(休憩、質疑応答含む)
  • ・ 4回目:ブランド構築について ゆいまーる沖縄(株)ブランドマネージャー嘉陽沙織氏
  • ・ 5回目:テストマーケティングに向けた企画プロモーション ゆいまーる沖縄(株) 代表取締役 鈴木修司氏
主な研修内容
  • ・ 1回目:全国染織産地の現状について
    ブランド構築を見据え、全国の染織産地の状況、産地の抱える課題を構造的に学ぶ事で、ブランド構築の意義・目的をより明確にする。
  • ・ 2回目:着物販売のためのブランドづくりについて
    独自の手法で京友禅の販売を実施している京ごふく二十八の原氏から、着物販売の視点で産地や生産者がどのような事をポイントにブランドを構築するべきなのかを事例を踏まえながら学ぶ。
  • ・ 3回目:ブランド構築の視点から産地の足下を知る
    ブランド構築にあたって一番重要である「自らの産地について知る」事をテーマに大城廣四郎織物工房の代表大城一夫氏、南風原文化センター平良次子氏に産地の歴史や他産地と比較した素材や技術、デザインも特徴についてお話しをしていただき、研修生自身でブランド構築を行う上で必要なPRすべきポイントを整理する。
  • ・ 4回目:ブランド構築の考え方
    コンセプト、ターゲット、販路の設定、ブランドルールの作成等、ブランドに関する基本的な考え方を工芸品のブランド構築を行っているゆいまーる沖縄を事例に学ぶ。
  • ・ 5回目:テストマーケティングに向けた企画プロモーション
    テストマーケティングに向けて、ブランド価値を向上させるためのPR計画作成、PR素材作成、SNS投稿、販売会でのPR素材作成等を実施する。
研修項目 着物販売現場における近年の動向について
研修時間 3時間 × 1回 = 3時間
講 師 株式会社三越伊勢丹 呉服・美術統括部 呉服商品部 浅子堅一郎氏
主な研修内容
  • ・ 百貨店の現場から見た着物現場における近年の動向について、顧客の変化(購買プロセスの変化等)、全国産地の現状について知り、そういった環境変化の中で、産地がこれからどう変化していくべきなのかをお話ししていただく。
研修項目 県外テストマーケティング
研修時間 総時間2泊3日(8時間 × 3日 = 24時間)
講 師 -
主な研修内容
  • ・ 会場:東京都内の百貨店(三越伊勢丹)、もしくはギャラリー
  • ・ 1日目:会場設営、ブランドプロモーションに基づいたPR準備、現地スタッフへのレクチャー
  • ・ 2日目:実際の販売を通じた商品、産地のプロモーション活動、実演、トークショー
  • ・ 3日目:実際の販売を通じた商品、産地のプロモーション活動
研修項目 県内実地研修:成果発表会
研修時間 3時間 × 2回 = 6時間 + 8時間 = 14時間(計画、準備含む)
講 師 ゆいまーる沖縄(株)
主な研修内容

◆ 本事業での研修成果(デザイン・技術研修で習得した内容をふまえて製作した作品や考案したマーケティング・プロモーションに関する企画内容等)を外部向けに発表する成果発表会を実施する。

【内容】

  • ・ デザイン技術研修で製作したデザイン画等成果物の展示
  • ・ 研修成果の発表:プレゼンの実施
  • ・ 時期:2月中旬の1日を予定
  • ・ 場所:南風原文化センターを予定
(4) 経営の高度化・基盤強化研修

 付加価値の向上による生産者の収入・収益の改善、そして生産性の向上のために、数値をベースとした計画づくり、生産管理について学びます。付加価値の向上による生産者の収入・収益の改善、そして生産性の向上のために、数値をベースとした計画づくり、生産管理について学びます。

研修項目 事業計画の作成
研修時間 3時間 × 3回 = 9時間
講 師 ゆいまーる沖縄(株) 岩満太一、鈴木修司
主な研修内容
  • ・ 工房や組合運営上の問題点・課題の整理、ビジョンの作成、5年計画の作成、年間計画の作成、損益計算書の読み方を学ぶ。
  • ・ 1回目:損益計算書の読み方、5年計画の作成について、生産者の現場で発生している経費の整理
  • ・ 2回目:計画書の作成、販売計画について(流通経路と商品の振り分け)。
  • ・ 3回目:事業計画の発表
  • ・ 講話90分、実践ワーク:計画書の作成90分(学びの落とし込み)
研修項目 原価計算、価格設定の実践講座
研修時間 3時間 × 2回 = 6時間
講 師 ゆいまーる沖縄(株) 岩満太一、鈴木修司
主な研修内容
  • ・ 販売価格・卸価格の設定方法
  • ・ 1回目:染織の原価計算について、販売価格、卸価格の設定方法
  • ・ 2回目:各研修生の生産している製品で原価計算・価格設定を実践(ワーク形式で実施する)
  • ・ 講話120分、実践ワーク原価計算表の作成60分(学びの落とし込み)

3. 費用負担について

・ 旅費について、研修生の費用負担はありません。
・ 但し、原材料費(絹糸)のみは実費負担になります。
*「デザイン・技術研修」:指定研修以外の自主学習については、原材料費の実費負担が発生します。

4. 研修参加者の募集について

(1) 研修参加の要件として有するべき技能水準・経験等
  • ・ 絣などの伝統的工芸品の生産に5年以上携わっている者。
  • ・ 研修終了後、捺染等、本事業で学んだ事を活かし、今後生業とする者。
(2) 採用人数
10名以上

5. 選考について

書類選考を行いますが、募集人数が採用人数を超過した場合は、面接を行う場合もあります。

6. 応募手続

募 集

① 提出書類

指定の様式により エントリーシート を作成してください。

※ ※ エントリーシートの様式は、下記のホームページからダウンロードして頂くか、受付・提出先の窓口まで受け取りにお越しください。

琉球絣事業協同組合
 HP: http://ryukyukasuri.com/

② 公募期間、提出先
公募期間は次の通りとします。
  • 公募期間:令和元年8月13日(火)~8月22日(木)
  • 提出期限:令和元年8月22日(木) 15:00まで ※時間厳守
  • 提出方法:下記提出先へ郵送又は持参
研修生募集について スケジュール表 エントリーシート

提出先及び問い合わせ先

琉球絣事業協同組合
〒901-1112 沖縄県南風原町字本部157番地  ℡098-889-1634
e-mail:kasuri-k@nirai.ne.jp /HP:http://ryukyukasuri.com/
担当:比嘉

ページトップへ↑